寒中の休暇・炬燵でお昼寝が気持ちいいです

12月からの冬時期で雪の予報は数回ありましたが、降ったのはその前の月とお正月明けの3週の日曜日。
土曜日の気温も結構低くてこの冬の最もという寒さと感じましたが、日曜日は起床してみると周辺の屋根にうっすらの雪でした。

天気予報にも寒波とあったし、降るかなという冬空の色、外の空気も低い気温で固いという肌感覚がしました。
量としては路面に降った分が午前中に溶けていたので少量、気温は4℃や2℃という天気サイトもあった、この点から考えればこの一年は標準の四季。

寒いとシャツにセーター、コートで着ぶくれするし、動きにくいので好きではないけれど、お天気の安定という面ではよいらしいです。
土日は休日、寒いから炬燵でほかほかしお正月休暇の気分、この様な寒い日に炬燵でウトウトするのは気持ちがいいものですね。

仕事再開の疲れが回復できるお昼寝、座布団を枕にして頭寒足熱のよい熟睡、冬はこのスタイルで休日の昼寝を習慣にしようかな。http://www.studyingsocialmedia.org/

自分は二度と暗黒の日々の誕生に手向かう

1月15お日様。
世間の大部分は元日休日を終えて在り来りな普段を奪い返しつつあった。
これまでの天命の中でこちらは通じる趣旨の厳しさを大方味わってきたと自負している。
彼氏を取りかかり、様々な方々に支えられ、屈強なエネルギーで病気を乗り越えた。
二度と自分ひとりの力でここまで行きつくことはできなかったと想う。
登用動作や雇用動作は面談ヒューマンと登用担当のロマンスの引き延ばしの感じだという表現があるが、負けじ魂が呼び覚まされた現在のこちらにとってのそれは、ハート的には間もなく指輪上でボクサー仲間が殴り合いを演出する飛び込み、合戦前のような毅然たる重圧があった。
来る途中で大勢とすれ違った。職位も商売も、階層も違えど、こちらには未だにそれらの人達が何となく病んでいるようにも思えた。
しかし今は、全ての性分がそんなふうに思えるかとおっしゃると、完全にそうとは言い切れない部分も残る。
信念を湛えたような外見で堂々と歩いているヒューマン。
オフィス街角のジョーカーにあろうと、出身のような童心を忘れることなく雪合戦に夢中になっていらっしゃる子供たちのルックスもいらっしゃる。
この世界には、いまだに僅かな希望が残されているのかもしれない。アリシアクリニック 顔脱毛