牛乳とただ取り混ぜるだけの楽プリンを作りました。

父親が身近から、プリンの素材を貰ってきました。ついにこんなのを見分けるのですが、どうも業務用ディナーのようです。そのサンプル分量のようで、ぎゅっと身寄り4ヒト分の量だったのでおやつに作りました。味覚はマンゴー味覚でどんなものか娯楽でした。

ファクターは2つ!プリンの素材と、胸!上記だ。プリンのもとに胸を入れてまぜるだけだ。これは、作ったと当てはまるのだろうか・・・。幼子でも簡単にできますね。できあがったプリン液を容器に加えるのですが、幼子の工作対象に残しておいたプリンのカップで、趣きをますますプリンにしようと思いつきました。あとは冷蔵庫で2日数冷ますだけでフィニッシュだ。

出来上がったプリンを家族で食べました。むむ?これは、マンゴーなのか?みかんくさい味覚でマンゴーと言い切らなければマンゴーじゃない不思議な味覚でした。ところでなんかどこかで食べたケースいるなぁ〜と考えて思い起こしたのが、しばしばバッフェのスイーツコーナーに居残る味覚でした。それは、これで作っているのか!と食堂の非公式を知ってしまいました。なにはともあれおいしくいただきました!http://www.phsolar.org/